産業機械健康保険組合

産業機械健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

健康保険組合加入のご案内

全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入されている事業所の皆様へ

産業機械健康保険組合は、昭和48年5月に設立され、協会けんぽに代わって健康保険に関するすべての事業を行っている公法人です。設立以来、協会けんぽよりも低い保険料率と手厚い健診等の保健事業を念頭に運営してまいりました。

当健康保険組合の加入条件

全国に所在する産業機械及びその部品を製造、販売、リース・レンタル、保守管理、修理する事業所、並びに上記の業務をコンサルティングする事業所とその団体であること 。

組合にご加入いただいている事業所との間で、証券取引法の規定に基づき定められている財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する『親会社』、『子会社』または『関連会社』と同様にある事業所であること。

  • ※航空宇宙機器関連の事業所、ロボット関連の事業所、発電装置(太陽光、風力、原子力等)関連の事業所もご加入いただけるようになりました。
  • ※加入にあたり、審査があります。結果によっては加入できない場合があります。

加入のメリット 産業機械健康保険組合と協会けんぽの比較(令和3年度)

1.保険料負担が軽減されます。

  産業機械健康保険組合 協会けんぽ
健康保険料率 1000分の88 1000分の100(全国平均)
協会けんぽの保険料率は、
都道府県毎で異なります。
介護保険料率 1000分の19 1000分の18

協会けんぽとの保険料差額計算表

  • ※給付の内容は協会けんぽと同じですが、高額療養費にはプラス1万円の付加給付があります。

2.健診費用が軽減できます。

生活習慣病健診及び人間ドックのいずれかが年度内に1回、組合補助が受けられます。

  産業機械健康保険組合 協会けんぽ
生活習慣病健診
(女性の場合は婦人科項目含む)
  • 被保険者 30歳以上を対象として
    自己負担 0円~
  • 被扶養者 40歳以上を対象として
    自己負担 0円~
  • 被保険者 35歳以上を対象として
    自己負担上限 7,169円
    • ※婦人科項目は40歳以上の偶数年齢時のみ受診可(別途料金必要)
  • 被扶養者(特定健康診査のみ)40歳以上を対象として補助上限 6,650円
人間ドック
  • 被保険者 30歳以上を対象として
    自己負担 19,000円+税~
  • 被扶養者 40歳以上を対象として
    自己負担 19,000円+税~
  • 被保険者 40歳及び50歳を対象として
    自己負担上限 11,971円
  • ※詳しくはこちらをご覧ください。

3.福利厚生が充実します。

  産業機械健康保険組合 協会けんぽ
福利厚生(保養施設) 直営の保養所を始め、全国各地の保養施設と契約しており、割引料金で利用することができます。 -
  • ※詳しくはこちらをご覧ください。

加入に関するお問い合わせは、調査課 TEL 03-5232-5006 までお願いします。

ページ先頭へ戻る