産業機械健康保険組合

産業機械健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

健康診断の概要

Q&A

健診の概要

受診期間

4月~翌3月までの年度内に1回、組合負担上限額の範囲内で補助いたします。

対象者

30歳以上の被保険者

40歳以上の被扶養者

  • ※当該年度内(4月1日から翌年3月31日)に対象年齢になる方は、4月1日より対象になります。

健診の種類(健診コース)

生活習慣病健診……
がんや糖尿病など主に生活習慣によって引き起こされるさまざまな疾病の早期発見、早期治療のための検査を行います。
健診項目については、労働安全衛生法による企業の定期健康診断や特定健診の項目を含んだ総合的な健診内容となっております。

特定健診とは…… 詳しくはこちら
主婦健診……
生活習慣病健診+婦人科検査(子宮がん検査、乳がん検査)
人間ドック……
生活習慣病健診+肺機能検査+腹部超音波検査+眼底検査などの詳細な健診
人間ドック+婦人科……
人間ドック+婦人科検査(子宮がん検査、乳がん検査)

健診項目表(116KB)

健診機関

契約健診機関受診方法 契約健診機関検索

当健康保険組合が直接契約をした全国約500の健診機関で、A契約健診機関(約410)、B契約健診機関(約90)の2種類があります。A、Bいずれも予約から受診までの手続きが簡単にできる健診機関です。

A契約健診機関とは
生活習慣病健診及び主婦健診(一部健診機関を除く)については、被保険者は無料、被扶養者は4,200円で受診できる健診機関でおすすめです。
B契約健診機関とは
健診料金が高いため、被保険者、被扶養者ともにすべての健診コースで自己負担が発生する健診機関や、人間ドックのみの健診機関です。

契約外健診機関受診方法及び補助金の申請方法

契約外健診機関とは
当健康保険組合と契約していない一般の健診機関です。いったん健診料金全額を自己負担した後、補助金を申請していただくなど手続きが煩雑で、自己負担額も比較的高めです。

自己負担額

※被扶養者については、どの健診コースを受診しても、少なくとも4,200円の自己負担が発生いたします。

A契約健診機関 (無料を含め、自己負担が低くおすすめです)
  生活習慣病健診 主婦健診 人間ドック 人間ドック+婦人科
被保険者 無料
無料
(一部自己負担あり)
自己負担あり
健診料金と下記組合負担上限額との差が自己負担額となります。
自己負担額は健診機関ごとに異なりますので、詳しくは契約健診機関検索にてご確認ください
被扶養者 4,200円 4,200円~
B契約健診機関 (健診料金が高く、すべての健診コースで自己負担が発生いたします)
  生活習慣病健診 主婦健診 人間ドック 人間ドック+婦人科
被保険者
全てのコースで自己負担あり
健診料金と下記組合負担上限額との差が自己負担額となります。
自己負担額は健診機関ごとに異なりますので、詳しくは契約健診機関検索にてご確認ください。
被扶養者

組合負担上限額

  • 主婦健診(婦人科)受診の場合、組合負担額を3,240円プラス
  • 被扶養者は被保険者に比べ、組合負担額が4,200円マイナス(被扶養者は、必ず4,200円以上の自己負担が発生するということになります。)

自己負担額の一例

A契約健診機関

B契約健診機関

(健診料金が生活習慣病健診で17,280円、主婦健診で20,520円を超えるため、必ず自己負担が発生します)

契約外健診機関

(健診料金が当健康保険組合との契約料金ではなく一般料金のため、比較的高く設定されており、自己負担額も割高になる傾向があります。)

健診項目

  • 年度内40歳(※)以上の方は、特定健診項目(●)を必ず受診してください。未受診項目がある場合、健診費用が全額自己負担となる場合がございますのでご注意ください。
  • 健診当日に食事を摂った場合、正しい検査ができないため、日程変更や糖代謝検査についてHbA1cを自己負担にて追加受診していただく場合がございますので、健診前10時間は食事を摂らないようにしてください。
  • 上記健診項目のうち、血液検査等の内容が健診機関により異なる場合がございます。詳しくは各健診機関にご確認ください。
  • 年度内40歳とは、4月1日から翌年3月31日までに40歳になる方をいいます。例えば,健診受診時39歳だった方が翌年3月10日に誕生日を迎え40歳になる場合です。

健診項目表(63KB)

契約健診機関での受診方法    自己負担が低く手続きが簡単なため、おすすめです!!

予約から受診までの流れ

  1. STEP1契約健診機関へ直接TELし、予約を取ってください。
    産業機械健康保険組合に加入している旨を必ず伝えてください。
    (連絡先、自己負担額などはこちら)契約健診機関検索
  2. STEP2予約が取れましたら契約健診機関申込書を健診機関へFAXまたは郵送にて提出してください。
    遅くとも受診日の2週間前までに提出してください。
    申込書のダウンロード
  3. STEP3健診機関より健診の案内が届きます。(会社、自宅等の送付先を予約時に伝えてください。)
  4. STEP4予約日に受診してください。
  5. STEP5後日、健診機関より結果表が届きます。
  6. STEP6二次検査については保険診療となりますので、保険証を提示し、かかった費用の3割分を自己負担してください。

申込書記入時の注意

  • 年度内40歳以上の方の住所については、受診者の分布を国に報告するため、必ず記入してください。
  • 取得手続き中の場合は、取得日と番号が確定してから申込書を提出してください。
  • 契約健診機関申込書のレイアウトであれば、エクセル等で作成したものでも構いません。

契約健診機関以外での受診方法及び補助金の申請方法

当健康保険組合と健診契約をしていない一般の病院等でいったん全額自己負担にて受診した後、当健康保険組合に補助金を申請していただく方法です。

受診から補助金申請までの流れ

  1. STEP1一般の健診機関にて全額自己負担で受診してください。
  2. STEP2下記の書類を揃えて事業所経由で当健康保険組合へ補助金を申請してください。
    ①疾病予防健診補助金申請書/実施連名簿
     疾病予防健診補助金申請書/実施連名簿(106KB)
     記入例(540KB)
     疾病予防健診補助金申請書/実施連名簿(任意継続の方用)(101KB)
     記入例(470KB)
    【コピー可】健診結果
    【コピー可】明細つき請求書または、請求書と明細書(受診者名、受診金額等、詳細がわかるもの)
    【コピー可】領収書または振込明細書
    【コピー可】質問票(年度内40歳以上必須)
     質問票(年度内40歳以上必須)(114KB)
  3. STEP3後日、補助金を事業所の口座へお振り込みいたします。
  • ※締日は毎月25日で、翌月中旬にお振り込みいたします。
    締日(25日)が土日祝日の場合、前の平日が締日となります。

組合負担上限額 (下記金額を上限とし、補助金を支給いたします)

補助金支給額についての注意
負担した健診費用が生活習慣病健診17,280円未満、主婦健診20,520円未満の場合の補助金支給額は、上記の上限額にかかわらず被保険者については負担した健診費用の額、被扶養者については負担した健診費用から4,200円をマイナスした額となります。

例 15,000円の生活習慣病健診を受診した場合

  • 被保険者の補助金支給額 15,000円
  • 被扶養者の補助金支給額 15,000円-4,200円=10,800円

補助金の申請をされる前に確認してください

  • 補助金の申請については、事業所経由となりますので、申請方法などは事業所担当者または、当健康保険組合へお問い合わせください。
  • 年度内40歳以上の方は、特定健診項目をすべて受診してください。未受診項目があると健診費用が全額自己負担になる場合がございますのでご注意ください。
  • 健診当日に食事を摂った場合、正しい検査ができないため、日程変更や糖代謝検査についてHbA1cを自己負担にて追加受診していただく場合がございますので、健診前10時間は、食事を摂らないようにしてください。
  • 任意継続被保険者の方は直接当健康保険組合へ申請してください。

必要書類詳細について

  • 疾病予防健診補助金交付申請書
    申請は健診機関ごと年度ごとに提出してください。
  • 疾病予防健診実施連名簿
    実施連名簿に記載いただく順番は、請求明細書に明記されている受診者の順に合わせてください。また、結果表、質問票の順も同様にお願いします。

健診結果表

  • 結果表・質問票には、被保険者証の記号・番号を記入してください。
    (添付書類について、原本を提出された場合、返却できませんのでご注意ください。)

明細つき請求書または、請求書・請求明細書

  • 請求書・請求明細書には必ず受診日、受診者氏名、コース、料金記載のものを健診機関に発行してもらってください。
  • 項目単価と実施人数のみの請求明細書では受付できませんので、予めご了承ください。

領収書または振込明細書

  • 振込明細書を添付する場合は、振込日時、振込名義、振込先名、振込金額がわかるものを添付してください。
    (ネットバンキングご使用の場合も同様)
  • 健診料金の請求書と振込明細書に記載のある数字が異なる場合は、振込明細書の内訳を必ず添付してください。

質問票

  • 年度内40歳以上の方は、必ず添付してください。

特定健診項目未受診の場合と同様に質問票の添付がない場合も、補助金のお支払いができません。

特定健診について

特定健康診査等実施計画書

特定健診とは……
内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドロ-ム)の該当者を見つけることを目的とし、「高齢者の医療の確保に関する法律」により、健康保険組合等の医療保険者に義務づけられた健診で年度内40歳以上の加入者(被保険者、被扶養者)を対象としております。
対象者についての注意……
年度内40歳以上の加入者とは、具体的には4月1日~翌年3月31日の間に40歳以上の被保険者、被扶養者の方です。
特に、39歳の被保険者の方については、受診日には39歳であっても3月31日までに40歳になる方は、対象となりますのでご注意ください。
検査項目……
血糖値、脂質、肝機能などの血液検査、血圧検査及び体重、腹囲などの身体計測の14項目を実施し、喫煙、服薬状況などを確認する質問票の回答も必須とされております。
なお、当健康保険組合では、生活習慣病健診、主婦健診、人間ドックの各健診コ-スに特定健診の14項目を含めて実施しておりますので、各健診コ-スを受診いただければ特定健診も受診済となります。
未受診項目がある場合……
対象者である年度内40歳以上の方は、特定健診14項目のうち1項目でも未受診があると、当健康保険組合の補助が受けられなくなります。
特に空腹時血糖については、食後10時間以内の検査は無効となり、HbA1cを自費で追加受診するか後日改めて検体を採取していただく場合がございますので、健診当日はくれぐれも食事を摂らないようにしてください。

特定保健指導を実施した場合

特定保健指導組合負担金について

特定健診受診者が、特定保健指導(動機付け支援・積極的支援)のいずれかに該当し、特定保健指導を終了した被保険者・被扶養者に特定保健指導組合負担金を支給します。

補助金名 受診者
被保険者 被扶養者
特定保健指導組合負担金 3,000円 1,500円

特定保健指導組合負担金の申請方法

①実費にて実施後、当健康保険組合に下記の書類を提出してください。

  1. 特定保健指導組合負担金交付申請書
  2. 特定保健指導実施連名簿
  3. 【コピー可】特定保健指導報告書
  4. 【コピー可】領収書

②当健康保険組合より特定保健指導組合負担金を支給します。

  • ※毎月25日締めの翌月中旬に事業所の口座へ振り込みます。
    (25日)が土日祝日の場合、前の平日が締日となります。

ページ先頭へ戻る